その他

ジムで体成分分析を受けました

神戸の特定社会保険労務士・石川です。

ダイエットのために12月から通っているジムで、一昨日、体成分分析(体重体組成測定)を受けました。

その結果がこちらです。

体重59.5kg(服の重量0.4kgを含む)、骨格筋(内臓や心臓以外の筋肉)量28.4kg、体脂肪量8.5kg、体脂肪率14.4%。

いずれも標準範囲内の低いほうに収まっています。

12月から始めたダイエットの結果が出ています。

その他、これは標準範囲が記載されていないので標準範囲かどうかはわかりませんが、ウエストが73.6cm、ヒップが87.9cmでした。

※あるネット記事によると、30~34歳男性のウエスト平均値が81.5cm、身長170~175cm男性のヒップ平均値がだいたい88~89cmくらいらしいので、平均を下回る良い状態のようです

この体成分分析、過去2回受けていて、最初に受けたのは、ダイエット開始2週間後の昨年12月13日でした。

12月13日時点の数値が、体重70.4kg、骨格筋量29.1kg、体脂肪量18.6kg、体脂肪率26.4%、ウエスト81.5cm、ヒップ95.4cmだったので、一昨日までの変化を計算すると、体重▲10.9kg、骨格筋量▲0.7kg、体脂肪▲10.1kg、体脂肪率▲12.0%、ウエスト▲11.2cm、ヒップ▲7.5cmでした。

自分で言うのも何ですが、約4ヶ月でこの減少率、しかも骨格筋量をある程度維持しながら健康的に減少できたのは素晴らしいと思います。

実は最近、昨秋に購入したスキニーパンツがブカブカになってしまい、歩くたびにずり落ちて日常生活に支障をきたすレベルになったのと、スキニーパンツなのにブカブカなのは格好悪いと思い、やむなくMサイズからSサイズに1サイズ下げて買い直したのですが、改めて数値でウエストとヒップのマイナス具合をみると、ブカブカになるのも当たり前だなと感じました。

今後も、骨格筋量をできるだけ維持しつつ、体重と体型の維持に努めたいです。

ただ、ミネラルが不足ぎみらしいので、魚などでカルシウムを意識して摂取するようにします。

あと、下半身の筋肉が弱いみたいです。

ダイエット開始以降、ウォーキングや下半身の筋トレを続けているのですが、まだまだ足りないようです。

こちらについては重点的に行いつつ、Twitterのフォロワーさんから「階段の上り下りが良い」と教えてもらったので、たまにやってみます。

ちなみに、この記事を書いている今日、ジムで体重を量ったら58.85kgでした。

当初20代の頃の体重+αという理由から60.0kgを目標に71.0kgからダイエットをしておりましたが、気が付けば58kg台に突入し、20代の頃の体重に再び戻ることができました。

かなり嬉しいです。

改めて、継続することとやり遂げることの大切さを学んだ出来事でした。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED ARTICLE

最近の記事
おすすめ記事
  1. 2022年最低賃金大幅引き上げ 解説&給与チェックの方法

  2. 日傘男子デビューしたものの…

  3. 日傘男子になりました

  4. 2022年の最低賃金はどうなる?徹底分析&大予想

  1. 2022年最低賃金大幅引き上げ 解説&給与チェックの方法

  2. 日傘男子デビューしたものの…

  3. 日傘男子になりました

  4. 2022年の最低賃金はどうなる?徹底分析&大予想

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP