最低賃金

労働基準

兵庫・大阪・京都・和歌山の2019最低賃金見込

兵庫・大阪・京都・和歌山の関西4府県の各地方最低賃金審議会が2019年度の最低賃金を答申しました。引き上げ幅は大阪と兵庫が28円、京都と和歌山が27円となる見込みです。兵庫と和歌山は中央最低賃金審議会が示した目安を1円上回る答申を出しました。この答申をもとに、各府県の労働局長が1

労働基準

2019最低賃金最新情報と今後の見通し

今回は2019年10月から適用される最低賃金に関する最新情報と今後の見通しに関してご説明します。2019年は概ね目安額どおり、2020年以降も世界的恐慌や大震災が発生しない限りは引き続き3%程度の伸び率で推移するものと思われます。その理由は政府方針・過去の増税時における引き上げ率

労働基準

2019最低賃金目安額の公表

中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会が2019年度の最低賃金について、全国加重平均の目安を時給901円にする方針を決めました。東京都と神奈川県は初めて1,000円を超え、大阪府は964円となる見込みです。弊所で先日行った最低賃金額の予想は全国平均901円が的中!都

労働基準

2019年最低賃金額の予想

2019年の都道府県別最低賃金はいったいいくらになるのでしょうか?これまでも概ね3%程度の伸び率で毎年増額されてきましたので、今年も3%程度の伸び率になるという線が濃厚でしょう。今回は、これまでの推移から2019年の最低賃金額を試算してみました。