社会保険労務士

社労士試験

社労士試験は絶対評価+相対評価

社労士試験は絶対評価と相対評価のドッキングであること、全員が基準点をクリアすることはおろか、合格率が大幅に上昇することも絶対にありえないことから、本気で合格したいのなら、周りを打ちのめし蹴落とすくらいの意識を持たないといけません。