働き方改革

人事・労務担当者が知っておきたい2020年4月からの労働社会保険重要法改正ポイント5つ

本記事では、2020年4月からの労働社会保険に関する法改正事項のうち、企業の人事・労務担当者が最低限知っておきたい法改正ポイントを、すべての業種に関係し、かつ重要度の高い5つに絞って解説します。

働き方改革の法改正ポイント⑧産業医の機能強化

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回のブログは、8回にわたり解説してきた働き方改革における…

働き方改革の法改正ポイント⑦高度プロフェッショナル制度

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回は働き方改革のうち高度プロフェッショナル制度の創設につ…

働き方改革⑥勤務間インターバル制度

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回のブログは働き方改革のうち勤務間インターバル制度につい…

働き方改革の法改正ポイント⑤フレックス清算期間上限延長

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回は働き方改革のうち、フレックスタイム制における清算期間…

働き方改革の法改正ポイント④同一労働同一賃金

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回は働き方改革のうち同一労働同一賃金についてです。…

働き方改革の法改正ポイント③中小企業の割増賃金猶予廃止

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回は働き方改革のうち中小企業の割増賃金猶予廃止についてで…

働き方改革の法改正ポイント②有給休暇取得義務化

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回のブログは働き方改革のうち有給休暇…

働き方改革の法改正ポイント①残業時間の上限規制

今回の改正で原則上限(45H/月・360H/年)および特別条項設定時の延長時間上限について法律に明文化(=罰則の対象になった)されました。

働き方改革の概要と狙い

働き方改革は、労働基準法をはじめ複数の労働法を改正するものです。仕事と家庭の両立を促し、多様な人材の労働参画を推進、長時間労働の是正等により国民一人ひとりの労働生産性を向上、を政策面から推進することで、経済力低下を少しでも食い止めたいという狙いがあるのです。

YouTubeチャンネル

事務所移転披露口上!

PAGE TOP