ブログ

労働基準

初めて従業員を雇ったら最低限する手続

従業員を1人でも雇えば労務管理のことも考えなければなりません。従業員に交付する書類、従業員に提出してもらう書類、役所に提出しなければならない書類がたくさんあり、それらの多くは怠れば犯罪で懲役刑や罰金刑の対象となります。社会保険労務士に任せるのがベストですが、どうしても自前でしたい事業主の方々のために、最低限これをしておかないと後々大変になる手続のみまとめました。

働き方改革の法改正ポイント⑧産業医の機能強化

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回のブログは、8回にわたり解説してきた働き方改革における…

働き方改革の法改正ポイント⑦高度プロフェッショナル制度

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回は働き方改革のうち高度プロフェッショナル制度の創設につ…

働き方改革の法改正ポイント⑤フレックス清算期間上限延長

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回は働き方改革のうち、フレックスタイム制における清算期間…

働き方改革の法改正ポイント②有給休暇取得義務化

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。今回のブログは働き方改革のうち有給休暇…

働き方改革の法改正ポイント①残業時間の上限規制

今回の改正で原則上限(45H/月・360H/年)および特別条項設定時の延長時間上限について法律に明文化(=罰則の対象になった)されました。

YouTubeチャンネル

事務所移転披露口上!

PAGE TOP