ブログ

労働基準

2020年4月 労働基準法改正 賃金請求権の時効延長に伴う企業の対処方法

今回は、2020年3月27日に成立し、4月1日から施行される改正労働基準法の賃金請求権の時効延長を踏まえ、企業がとるべき対策についてお話しします。未払賃金の請求可能期間が2年から3年に延びることや、未払賃金には遅延利率がかかることなどを勘案し、企業はどのように対処すればいいのでしょうか?

2020年4月民法改正!人事労務分野実務の変更点を世界一わかりやすく解説!

今回は、2020年4月からの民法改正に伴い、企業の人事労務分野における実務上の大きな変更点について、難しい法律用語などを極力省いて「世界一わかりやすく」解説します。

中小企業こそ副業解禁すべき!メリットと労務管理上の留意点

副業解禁は、従業員の育成・研修、定着率向上、事業発展など中小企業に多くのメリットをもたらします。一方、副業解禁にはさまざまな留意点やリスクも存在するため、自社の規定などをしっかり整備するのが良いでしょう。

人事・労務担当者が知っておきたい2020年4月からの労働社会保険重要法改正ポイント5つ

本記事では、2020年4月からの労働社会保険に関する法改正事項のうち、企業の人事・労務担当者が最低限知っておきたい法改正ポイントを、すべての業種に関係し、かつ重要度の高い5つに絞って解説します。

戦隊ヒーローから学ぶ労働基準法入門

今回は、労働基準法による規制と手続をわかりやすくお伝えするために、いわゆる戦隊モノを題材にしながら、どの場面でどういった手続が必要になるのか、またどういった規制を受けることになるのかを解説しようと思います。

労働基準監督署の調査を受けやすい会社ってどんな会社?

労働基準監督署の調査はある日突然やってきます。正直ビビらない経営者はいないはず?そんな労働基準監督署の調査、労働基準監督署はどのようにして調査対象企業を決めているのでしょうか?その決定プロセスをこっそり解説します。

兵庫・大阪・京都・和歌山の2019最低賃金見込

兵庫・大阪・京都・和歌山の関西4府県の各地方最低賃金審議会が2019年度の最低賃金を答申しました。引き上げ幅は大阪と兵庫が28円、京都と和歌山が27円となる見込みです。兵庫と和歌山は中央最低賃金審議会が示した目安を1円上回る答申を出しました。この答申をもとに、各府県の労働局長が10月以降の最低賃金を決定します。

2019最低賃金最新情報と今後の見通し

今回は2019年10月から適用される最低賃金に関する最新情報と今後の見通しに関してご説明します。2019年は概ね目安額どおり、2020年以降も世界的恐慌や大震災が発生しない限りは引き続き3%程度の伸び率で推移するものと思われます。その理由は政府方針・過去の増税時における引き上げ率の推移などから分析可能です。

2019最低賃金目安額の公表

中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会が2019年度の最低賃金について、全国加重平均の目安を時給901円にする方針を決めました。東京都と神奈川県は初めて1,000円を超え、大阪府は964円となる見込みです。 弊所で先日行った最低賃金額の予想は全国平均901円が的中!都道府県別でも7割が的中しました。

2019年最低賃金額の予想

2019年の都道府県別最低賃金はいったいいくらになるのでしょうか?これまでも概ね3%程度の伸び率で毎年増額されてきましたので、今年も3%程度の伸び率になるという線が濃厚でしょう。今回は、これまでの推移から2019年の最低賃金額を試算してみました。

さらに記事を表示する

記事投稿カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

事務所移転披露口上!

【派遣会社向けアンケート結果】2020.4派遣法改正 派遣先均等・均衡方式&労使協定方式 それぞれの導入割合は?

派遣法改正 労使協定方式導入に向けた賃金比較の方法(賃金比較ツール)

2020.4労働者派遣法改正 派遣会社は派遣先均等・均衡方式と労使協定方式どちらを選ぶべき?

PAGE TOP