労働紛争あっせん調停代理

企業にて労使トラブルが発生した場合は、「あっせん」や「調停」といった裁判外紛争解決手続(ADR)により、トラブルの早期かつ円満な解決を図ることができます。

あっせんや調停は、経営者・労働者、双方の意見を別々に伺ったうえで、あっせん委員が適切な和解案を提案し、話し合いで和解を目指す手続です(当事者は原則非対面)。

また、裁判とは違い原則非公開で行われるため、当事者のプライバシーが守られ、企業としてもレピュテーションリスクがないというメリットがあります。

裁判よりもスピーディ・リーズナブルな手続ですが、裁判同様、各種労働法や判例を熟知し、法的な観点から主張できなければ、最終的に不利な結果となってしまいます。

弊所では、あっせんや調停において、労働法のプロフェッショナル・特定社会保険労務士が、代理人として依頼人の利益実現をサポートします。