2020年 2月

こんな社会保険労務士(社労士)事務所には就職・転職するな! part 2

今回は、「こんな社会保険労務士(社労士)事務所は就職・転職するな!」の第2弾です。第1弾に引き続き、「こんな社労士事務所へ行くのはヤメテオケ!」なポイントを5つご紹介します。

中小企業こそ副業解禁すべき!メリットと労務管理上の留意点

副業解禁は、従業員の育成・研修、定着率向上、事業発展など中小企業に多くのメリットをもたらします。一方、副業解禁にはさまざまな留意点やリスクも存在するため、自社の規定などをしっかり整備するのが良いでしょう。

ものづくり補助金の加点項目・社会保険の任意特定適用とは?

2020年度のものづくり補助金では、社会保険の任意特定適用をしている企業は、加点されるなど、審査上有利になる見込みです。この任意特定適用、企業・従業員双方にとってメリットとデメリットがあるため、企業が任意特定適用をするかどうかは、従業員の家族構成や収入などを総合的に勘案する必要があります。

健康保険料率が下がる協会けんぽのインセンティブ(報奨金)制度とは?

協会けんぽの健康保険料率は毎年3月分から改定されることになっていますが、2020年3月分の改定からは、新たにインセンティブ制度が反映されるようになります。このインセンティブ制度が反映されることによって、協会けんぽ加入の各事業所・各被保険者の努力しだいで保険料が引き下げられるようになります。

【派遣会社向けアンケート結果】2020.4派遣法改正 派遣先均等・均衡方式&労使協定方式 それぞれの導入割合は?

2020年4月からの労働者派遣法改正に伴い、派遣会社は、派遣社員の待遇について、「派遣先均等・均衡方式」「労使協定方式」「両方式の併用」のいずれかを選択しなければなりません。今回は、世の中の派遣会社はどれを採用するのか、その割合はどうなのか、派遣会社と派遣会社に関与している社労士にTwitterアンケートを行いました。

記事投稿カレンダー

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

事務所移転披露口上!

【派遣会社向けアンケート結果】2020.4派遣法改正 派遣先均等・均衡方式&労使協定方式 それぞれの導入割合は?

派遣法改正 労使協定方式導入に向けた賃金比較の方法(賃金比較ツール)

2020.4労働者派遣法改正 派遣会社は派遣先均等・均衡方式と労使協定方式どちらを選ぶべき?

PAGE TOP