ブログ

こんな社会保険労務士(社労士)事務所には就職・転職するな!

↑↑↑

こちらの動画を観ながら読むとより読みやすいです

 

神戸の社会保険労務士・石川です。

今回は、「こんな社労士事務所には就職・転職するな!」というテーマです。

世の中には「ブラック企業」というものがありますが、社労士業界にも「ブラック事務所」というものがあります。

社労士事務所への転職を希望されている方で、「社労士は労働の専門家だから社労士事務所はすべからくホワイト事務所」と思われている方がたまにいらっしゃるんですが、社労士事務所のなかには、法令を完全無視するブラック事務所も残念ながら少なからずあります。

私自身も独立前は大阪の社労士事務所に勤めていたのですが、社労士登録に必要な2年間の実務経験を積むために必死で耐えたものの、正直言ってなかなかのブラック事務所でした。

そんなわけで、今回は私自身の経験なども踏まえ、社労士事務所への就職・転職を検討されている方向けに、「こんな社労士事務所への就職・転職はやめておけ!」という内容を5つ挙げます。

求人情報掲載常連の事務所

ハローワークや求人サイトなどで、常に求人情報が掲載されている事務所は、人の入れ替わりが激しい事務所である可能性が高いため、応募するのはやめておきましょう。

ですので、社労士事務所への就職・転職を検討する際は、すぐに応募する事務所を決めるのではなく、数ヶ月~半年かけて求人情報をウォッチし、常に求人情報が掲載されている事務所以外に応募しましょう。

社会保険未完備の事務所

現在法改正に向けて厚労省内で検討が行われていますが、少なくとも現行法下では、社労士事務所に限らず士業の個人事務所は人数規模にかかわらず健康保険・厚生年金保険の加入義務がありません。

ですので、個人事務所の場合は加入しないことが法令違反というわけではありませんが、個人的な意見として、「従業員さんのことを考えて、また社会保険を取り扱うのが仕事なんだから、入ろうよ・・・」と思ってしまいます。

「急成長・急拡大」を謳う事務所

これも個人的な意見ですし、当然事務所の規模にもよりますが、年に数十社も新規契約して「急成長」や「急拡大」を謳う事務所は、なかには他事務所がやりたがらないような「安かろう悪かろう」な割に合わない案件・企業と契約するようなケースがあると思います。

そのような事務所では、給料が安いのに悪い顧客に振り回され、精神が疲弊してしまうでしょう。

残業のある事務所

残業の多い事務所は業種を問わずブラック企業ですが、社労士事務所など士業の事務所では、残業の「ある」事務所自体ブラックだと思います。

社労士に限らず、士業の事務所で働く人には、その士業を目指す受験生であるケースも少なからずあります。

雇用契約を締結している以上、仕事を行うことは大切ですが、業務多忙により勉強が阻害されるようなことがあってはいけません。

定時まではきちっと仕事をして、定時以降はガッツリ勉強できる時間を確保したり、また受験生以外の方は自分の時間を楽しんだりするために、残業のない、また残業させなくても業務が回るような適正な人員配置をしている事務所を選ぶべきだと思います。

政治色・宗教色の強い事務所

政治信条を持ったり、特定の宗教を信仰したりすることは個人の自由ですが、これを従業員に強要するような事務所は良くありません。

政治思想や信仰心は職場において必要なものではありません。

ですので、面接などで訪問したら、事務所内に特定の政党のポスターや機関誌、商売繁盛の笹や熊手など社会通念上許容される程度のもの以外の、お札や仏像、石などがないか見渡してチェックしましょう。

 

YouTube Videos

関連記事

  1. 企業におけるSNSマーケティングの可能性
  2. 人生初のTwitterオフ会を開催した話~士業セルフブランディン…
  3. 士業は開業後太る?その理由は?
  4. 相性とタイミングの大切さ
  5. こんな社会保険労務士(社労士)事務所には就職・転職するな! pa…
  6. 社会保険労務士ってどんな仕事?
  7. 「資格試験に合格しなければ別れる」の失敗談と反省
  8. 独立前に社労士事務所で実務経験を積むのはアリ?ナシ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeチャンネル

事務所移転披露口上!

PAGE TOP