ブログ

沢の鶴資料館に行ってきた話

神戸の社会保険労務士・石川です。

8月の話を年末にブログ化します。

ブログに書こうと思い写真だけ撮っておいて、4ヶ月もの間ずっと放置しておりました。

事務所として年内の営業を終えた今、年を越すまでにはなんとか書かねばと筆を走らせました。

趣のある昔の酒蔵跡

私が愛してやまない神戸のラーメン・もっこすの工場店に寄った帰り、同店の近所を散策していると、歴史のありそうな建物を見つけました。

気になったので表にまわってみると、酒造メーカー、沢の鶴の資料館でした。

兵庫県神戸市東部から西宮市にかけての一帯は灘五郷とよばれ、日本一の酒どころとして有名です。

※画像は灘五郷酒造組合ホームページより

灘五郷には現在25軒の酒蔵と1軒の味醂蔵があり、沢の鶴の他にも、福寿、剣菱、白鶴、菊正宗、櫻政宗、白鹿、白鷹、宝酒造、日本盛、大関など全国的に有名な酒蔵が多くあります。

日本酒を飲まれない方でも、上の各社のうち何社かは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

きれいな庭

敷地の中に入ってみると、いかにも酒蔵といった感じです。

庭はこじんまりとしていますが、非常に手入れされていて上品でした。

資料館は見学無料だったので、そのまま中に入ってみました。

 

昔の酒造りが学べる

中に入ってみると、平日だったためか、見学客はそこまで多くありませんでした(7~8名程度)。

なかには外国人観光客の方もいらっしゃいました。

資料館の中は写真撮影自由だったので、たくさん写真を撮りました。

酒づくりの工程が詳しく説明されています

精米機械

主な酒米(山田錦・五百万石・日本晴)とコシヒカリの比較

もろみを発酵させる樽

麹室

沢の鶴の歴代ラベル

 

試飲もできました

資料館内を順路どおりに進んでいくと、ショップにたどり着きます。

ショップでは、職員さんがお酒を試飲させてくださいます。

資料館限定の本醸造生原酒と日本酒古酒仕込み梅酒を試飲させてもらいました

どちらのお酒も美味しゅうございました。

特に日本酒古酒仕込み梅酒は、日本酒としての香りを持ちながら、なめらかな口当たりとまろやかさが感じられる味で大変美味しかったです。

帰りに梅酒を買って帰りました。

 

 

【沢の鶴資料館】

〒657-0852 兵庫県神戸市灘区大石南町1-29-1

開館時間 10:00~16:00

休館日 毎週水曜日 盆休み、年末年始

入館料 無料

団体 10名様以上要予約

TEL:078-882-7788

駐車場 普通乗用車 大型バス可

ホームページはコチラ

 

YouTube Videos

関連記事

  1. 士業は開業後太る?その理由は?
  2. SEO対策のノウハウを教えてもらった話
  3. 神戸三宮、事務所移転するってよ
  4. 数学を使わない数学オリンピック問題
  5. 十日えびすは朝に行くべきだと思った話
  6. YouTubeライブ配信でオンラインセミナー(ウェビナー)をして…
  7. 社労士YouTuberとしての「ブログとYouTubeとSEO対…
  8. 私がどうしてもやりたくないこと~顧客との関係永続性を考える~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeチャンネル

事務所移転披露口上!

PAGE TOP