ブログ

兵庫・大阪・京都・和歌山の2019最低賃金見込

社労士いしかわです。

兵庫・大阪・京都・和歌山の関西4府県の各地方最低賃金審議会が2019年度の最低賃金を答申しました。

この答申をもとに、各府県の労働局長が10月以降の最低賃金を決定します。

引き上げ幅は大阪と兵庫が28円、京都と和歌山が27円となる見込みです。

それぞれ過去最大の上げ幅で、兵庫と和歌山は中央最低賃金審議会が示した目安を1円上回る答申を出しました。

各府県の答申額は以下のとおりです。

 

【各地方最低賃金審議会の2019最低賃金答申額】

※括弧内は昨年比

兵庫 899円 (+28円)

大阪 964円 (+28円)

京都 909円 (+27円)

和歌山 830円 (+27円)

 

企業としては、今夏の間に従業員の賃金額チェック、および賃金支払のための生産性向上策を本格的に検討していきましょう。

 

YouTube Videos

関連記事

  1. 戦隊ヒーローから学ぶ労働基準法入門
  2. 2019最低賃金目安額の公表
  3. 2020年4月 労働基準法改正 賃金請求権の時効延長に伴う企業の…
  4. 初めて従業員を雇ったら最低限する手続
  5. 労働基準監督署の調査を受けやすい会社ってどんな会社?
  6. 働き方改革の法改正ポイント⑧産業医の機能強化
  7. 2019年最低賃金額の予想
  8. 人事・労務担当者が知っておきたい2020年4月からの労働社会保険…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeチャンネル

事務所移転披露口上!

PAGE TOP