2019年 7月

2019最低賃金最新情報と今後の見通し

今回は2019年10月から適用される最低賃金に関する最新情報と今後の見通しに関してご説明します。2019年は概ね目安額どおり、2020年以降も世界的恐慌や大震災が発生しない限りは引き続き3%程度の伸び率で推移するものと思われます。その理由は政府方針・過去の増税時における引き上げ率の推移などから分析可能です。

2019最低賃金目安額の公表

中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会が2019年度の最低賃金について、全国加重平均の目安を時給901円にする方針を決めました。東京都と神奈川県は初めて1,000円を超え、大阪府は964円となる見込みです。 弊所で先日行った最低賃金額の予想は全国平均901円が的中!都道府県別でも7割が的中しました。

【B面】お茶のおかわりを巡る闘い~Tea Wars~

レストランでお茶を早々に飲み干し、すぐにおかわりが欲しいというとき、あなたはどうされますか?すぐ店員さんを呼びますか?店員さんに気付いてもらえるまで目で追いますか?私は空のグラスを置いて気付いてくれるのを待つタイプです。

人生初のTwitterオフ会を開催した話~士業セルフブランディングの重要性~

先日、人生初のオフ会を開催しました。第1回関西「士業×〇〇」飲み会というオフ会で、有意義な話やバカ話なども飛び交う濃密な2時間となりました。今回は、この会を開催した経緯と目的、士業の営業戦略としてのセルフブランディングの重要性について書いてみます。

2019年最低賃金額の予想

2019年の都道府県別最低賃金はいったいいくらになるのでしょうか?これまでも概ね3%程度の伸び率で毎年増額されてきましたので、今年も3%程度の伸び率になるという線が濃厚でしょう。今回は、これまでの推移から2019年の最低賃金額を試算してみました。

社労士YouTuberとしての「ブログとYouTubeとSEO対策」

今回は社労士YouTuberとしてYouTube動画も配信する開業社会保険労務士として、時間の使い方、ブログとYouTubeとSEOの関係性、そしてすべてを両立するためにはどうすべきかを考えてみたいと思います。ズボラな私なりに、本業の社会保険労務士業務とYouTubeとブロブのすべてを回す方法を考えました。

いま企業に超オススメの制度、ユースエールとは?

ユースエールとは若者の採用と雇用に積極的な企業を厚生労働省が認定する制度で、認定企業には人材確保の優遇措置・助成金のボーナス加算・公庫からの低金利融資・建設工事入札などで加点対象などメリット盛りだくさん!

企業内のセクハラ防止・対策方法

企業内でのセクハラは企業規模を問わずどの企業でも起こりえます。売上と利益の向上、リスクヘッジのためにも、企業としては…

従業員の勤務態度不良、対処のポイントとプロセス

勤務態度不良社員を辞めさせたい。そんなとき、6つのポイントを検討・吟味して判断しないと大抵失敗し、多くの損失を出してしま…

業種別労務管理のポイント 医療業界編

今回は、「病院」「診療所」各カテゴリごとに労務管理のポイントご説明します。週6日稼働/人材が流動的/人件費率が高い/女性…

さらに記事を表示する

YouTubeチャンネル

事務所移転披露口上!

PAGE TOP