素人がYouTuberデビューするまでの15日間

YouTube

※アイキャッチ画像はYouTubeより

社労士いしかわです。

Twitterのフォロワーさんに勧められ、6/1(土)にこんなツイートをしてから15日、

昨日やっと、
はじめてのYouTube動画を公開することができました!

※チャンネル登録と評価をお願いします

当初は、「YouTuberなんてテキトーに動画撮って公開するだけでいいんだろ?」と思っておりましたが、

いんやいんや、
やってみるとまあこれが大変なもので。

今回はド素人がはじめてYouTube動画を制作し、公開するまでの15日間を、Twitterハイライトとともにお送りします。

1日目 ユザワヤへ行く

人生いつでも見切り発車してしまうタイプで、

たいてい数日後に後悔するタイプのいしかわ。

今回のYouTubeも御多分に漏れず軽い気持ちで始めました(のちに、予想以上の大変さに後悔することとなります)。

かのツイートをした日、どんな動画を撮ろうか考えながら寝ていると、夢の中で良いアイデアが生まれました。

翌朝、そのアイデアを実現すべく近所のユザワヤへ行き、緑色の布を購入しました。

緑色の布?いったい何に使うんでしょうか?

そうです、クロマキーです。

2100-weather-forecast

※クロマキーのイメージ。写真の出所

というのも、撮影場所は自宅しかなく、撮影に適したちょうど良い背景がなかったため、

それなら画像で映像の背景を作り、クロマキーで合成すれば良いのでは?と考えたのです。

ユザワヤで店員さんに布を裁ってもらう際、裁縫ではなくクロマキー用に使うことを伝えると、店員さんに不思議な顔をされました。

そりゃそうだよなー。YouTuberでもやらなきゃイチ個人が「クロマキー」なんて単語使うことないもの。

 

2日目 クロマキーを断念する

翌朝、自宅の壁に緑色の布を貼り、

テスト撮影した映像を動画編集ソフト無料体験版でクロマキー合成してみたものの、

う~ん・・・映像が微妙・・・

ChromakeyClose

※クロマキー失敗のイメージ。編集画面を撮り忘れましたごめんなさい。今回の失敗はこのような感じでした。写真の出所

これは室内の照明具合や、セットに張る緑色の布がピンと張られていないことから、映像背景のが生じてしまうことが原因のようです。

これでは心霊写真のような映像になってしまいます。

そんなわけでクロマキーを断念することになりました。

2日目にして壁にぶつかりました。

 

6日目 酒を呑み嘆く

4日飛ばして6日目。

とはいえ、間の4日間は動画作成に関し何もしていなかったわけではありません。

テーマ決めをしたり(のちに変更となるので割愛)、原稿を書いたり(これも意味がなくなるので割愛)しておりました。

毎日頭の中であーでもないこーでもないと考えていました。

6日目の深夜も、行きつけのBar Rain(神戸・三宮)で寝酒のジン・ライムを飲みながらあーでもないこーでもないと動画のことを考えている最中、酒のせいもあり、思うように進捗しない状況をTwitterで嘆きました。

とはいえ、なぜかこのツイートをしてから何か吹っ切れたようで、頭の中が整理されていきました。

 

7日目 人気YouTuberの動画を研究

せっかく動画を公開するのであれば、皆さんに観ていただけるような動画がいいと思うのは当然のことで。

そこで、ジャンルを問わず、人気YouTuberさんの動画をたくさん観て、再生数の伸びる動画とはどんなものかを研究することにしました。

わかったことは以下の8つ。

  • 動画は10分前後のボリュームが望ましい(長すぎると観たくなくなるが、短いと薄っぺらい内容だと思われてしまう。丁度良いのは10分)
  • 「あのー」や「えー」があればカットし、話すテンポの速い動画にしないと内容が薄っぺらいと思われる
  • 結論まできちんと話す(インターネットのおかげでさまざまな情報やサービスが無料化されている昨今、「続きはWebで」や「ご契約いただければとっておきのメソッドをお伝えします」という動画を出していると、誰も動画を観てくれなくなる)
  • 商品の宣伝はあからさまにしない(「肌荒れにお悩みならぜひ〇〇をお使いください!!」と露骨にアピールするより、「肌荒れに悩んでいた△△さんが〇〇を使いだしたところ、肌荒れが改善されたそうです」とさりげなく口コミ風にした方が興味を持ってもらいやすい)
  • 笑顔で話す
  • ビジネス用動画ならフザけ過ぎない(ボケて良いのは1動画1~2回程度)
  • 動画のサムネイルは商品の広告・看板と同じでとても重要(人は、ネット通販やYouTube動画などのサムネイル画像を観てから0.5秒程度で興味があるかないかを判断するそう。よって瞬時に興味を持ってもらえる配色とキーワードを構成する)
  • 照明がないと表情が暗く見えてしまう(人気YouTuberはそれなりに良いカメラや照明などを駆使している)

特に1番タメになったのは最初の「動画は10分」でした。

いしかわは結論だけパパッと言って終わる2~3分の動画が一番好きなのですが、

人々のニーズに合わせるのがマーケティングというものなので、動画は毎回10分程度とすることにしました。

また、最後の「機材駆使」にも驚きました。

これまでYouTuberの動画をまともに観たことがなかったので、「どうせスマホでテキトーに撮ってるだけだろ?」なんて思ったら大間違い!

YouTuberと呼ばれる方々は、デジタルビデオカメラや、

61BbP6lfcEL._SY355_

※イメージ。写真の出所

LEDライトや、

ダウンロード

※イメージ。写真の出所

レフ板や、

ダウンロード (1)

※イメージ。写真の出所

三脚、

ダウンロード (2)

※イメージ。写真の出所

それに動画編集ソフトなど、

さまざまな機材を自宅などに置いて撮影しているようです。

個人の撮影に照明なんて要るのかよと思い、試しに自宅でデジカメ撮影してみるとビックリ!

映像が・・・暗い・・・。

これは照明が必要です。

早速AmazonなどでLEDライトなど以下のものを購入しました。

  • LEDライト×1 ¥2,399.-
  • LEDライト用バッテリー×2 ¥2,370.-
  • 三脚×2(LEDライト&デジカメ用) ¥3,560.-
  • 動画編集ソフト ¥6,980.-

カメラはデジタルビデオカメラではないものの、自宅にあるデジカメを使うことにしました。

レフ板はなんとなく必要ないかなーと。

Amazonプライム無料体験は早いですね。早速翌日に届きました。

しかし決して安くない出費です・・・

これも情報発信や営業への投資と思えば高くないのかな・・・

 

12日目 テーマ決定

機材が届いたものの、どんなテーマにしようかと思案していた矢先、

カネカの育休問題について取り上げたブログがそこそこ閲覧数を伸ばし(ちなみに現時点のいしかわブログで閲覧数No.1はコチラ)、

Twitterではフォロワーさん以外からの反応が良かったのです。

育休と転勤の問題は、社会保険労務士ですので当然関心を持っていたのですが、

世間の皆さんもカネカの問題に関心があるのかな?と思うようになりました。

そこで、試しにこんなツイートをしてみたら、やはりフォロワーさん以外からの反応が良かったのです。

ここでこのカネカ問題を2回目のテーマに決めたのですが、

  • 早めに取り上げないと話題性が消える
  • ちょうどこのとき、企業や知り合いから「従業員に育休を取らせたくないのだがどうすればいいか」や「社内デキ婚で育休を取得した若手従業員を夫婦ともに転勤させたい」という話を聞いた

ため、このテーマを1回目のテーマへ繰り上げることにしました。


13日目 1回目の撮影

自宅に機材をセットし、ひととおり撮影をしました。

・・・が、

ハプニング発生!!

カメラの充電が切れて撮影できていなかった!!

時間も遅かった(23:30)ためその日の撮影再開は断念し、翌日の外訪前に撮影を仕切り直すこととしました。

 

14日目 撮影仕切り直し&編集開始

翌朝に再度最初から撮影し(朝・昼・夜では部屋の明るさが異なるため、映像の統一性をもたせるためには撮影タイミングを朝か昼か夜かのいずれかに統一する必要がある)、

外訪から戻ってきた夕方(17:00)から編集を開始しました。

編集しようとして、自分の話す動画を観るといろいろ気付くことがあります。

【編集していて思ったこと】

  • 自分の声や話し方を映像で観るのはとても恥ずかしい
  • 自分の声が思っていたのと違う
  • 大学卒業後2年間の東京在住時代に話していた標準語が6年経った今も微妙に抜けきらず、故郷の大阪弁と混じって気持ち悪いイントネーションになっている
  • 自分の話し方は自分が思っている以上に「えー」や「あー」など無駄な言葉が多い

これに気付けただけでも良い勉強になりました。

今後の話し方に活かそうと思います。

動画編集ソフト(今回使用したのはFilmora9)で編集していきます。

①「えー」や「あー」などの無駄な単語部分をカット
②フリー素材のサウンドエフェクト(効果音)を挿入
③フリー素材のBGMを挿入
スクリーンショット (37)

テロップを挿入して、
スクリーンショット (40)

ピー音時の口隠し画像も挿入する。
スクリーンショット (42)

17:00から始めて、夕食を忘れ深夜3:00まで編集に没頭しました。

ゴールが見えてきたため、本日はここまで。
あ~しんどかった・・・

 

15日目 サムネイル画像作成&動画公開!!

翌日も9:00から13:00まで編集を行いました。
途中、動画編集ソフトがダウンするという悲劇に遭い泣きそうになりましたが、

バックアップ機能のおかげで何とか事なきを得ました。


なんとか編集完了・・・ゼェハァ・・・

動画ができたら、次はサムネイル画像です。

ここでも、人気YouTuberのサムネイル画像を研究してわかったことを自身のサムネイル画像にアウトプットしてみました。

【サムネイル画像研究でわかったこと】

  • 目立つ色づかい
  • ひと目でテーマがわかるような単語と背景
  • 文字は大きく、話す人の顔も大きく
  • あまり文字をゴチャゴチャさせない
  • 文字は複数のフォントを使い分けて訴求したいキーワードを目立たせる
  • 話す人の表情は、できれば話す内容がわかるような表情を(批判する内容なら不満そうな表情、ハッピーな動画なら楽しそうな表情)

そこで、PowerPointを使って作成した画像がコチラ。

ep1サムネイル

一番目立たせるキーワードは「カネカ」にしようかと思いましたが、将来的にカネカ以外の会社でどなたかがマタハラ・パタハラ被害を受けた際に観てもらいやすいよう、「育休」にしました。

あとは、一番伝えたかった「企業の防衛策」、特に企業側は「防衛策」を知りたいのだから、「防衛策」というキーワードを2番目に大きくし、

「育休」と「防衛策」のみフォントを変えることにしました。

企業側以外の一般市民の方々向けに、「合法?違法?」というキーワードも盛り込み、

背景には赤ちゃんの写真を採用しました。

さらに、薄いピンク色の画像にすることで、女性にも観てもらえやすくなれば。

動画の内容は批判オンリーではなくハッピーな内容でもないので不満そうな表情も楽しそうな表情も避け、かつ目に留まりやすくするためにはと考え、軽く驚いた感じにしました(あまり驚き過ぎると士業っぽさが消えるのではと考えた)。

サムネイル画像ができたので、最後の作業、YouTubeへのアップロードです。

これが1時間くらいかかります(長い!!)。

1時間後、アップロード完了。

完了したときは全身の力が抜けました。
ヤッターーーーーー!!!!!!

 

動画の内容は皆さまのお役に立ちましたでしょうか?

これからも、労働・年金・社会保険に関する、企業の労務管理や生活に役立つ情報を、企業寄りでも労働者寄りでもない公平な立場(普段の業務ではガチガチの企業寄りです)で発信していきたいと思います。

社労士いしかわのYouTubeで今後取り上げてほしいテーマをくださると嬉しいです。

労働・給与・年金・社会保険などに関することなら何でも大歓迎!!

ブログへのコメントとTwitter(#社労士YouTuberでツイート)にて受け付けております。

また、Twitter(@tkmkobe)へのフォローもよろしくお願いします!!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

YouTube Videos

関連記事

この記事へのコメントはありません。

YouTube Channel

Blog Categories