ブログ

2019年度雇用保険料率は据え置き

2019年度の雇用保険料率は前年度から据え置きとなり、一般事業 : 0.9% (うち労働者負担0.3%)、農林水産および清酒製造 : 1.1% (うち労働者負担0.4%)、建設 : 1.2% (うち労働者負担0.4%)となりました。

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。

今回のテーマは2019年度の雇用保険料率についてです。

 

==================================

 

2019年度の雇用保険料率は前年度から据え置きとなり、

  • 一般事業 : 0.9% (うち労働者負担0.3%)
  • 農林水産および清酒製造 : 1.1% (うち労働者負担0.4%)
  • 建設 : 1.2% (うち労働者負担0.4%)

となりました。

000484772_pages-to-jpg-0001

資料 : 厚生労働省

 

==================================

 

6月になると労働保険料の年度更新(計算・申告納付)がやってきます。

今年は年度更新事務を社会保険労務士に任せて、面倒な計算・申告事務から解放されませんか?

弊所は北海道から沖縄まで全国対応可能です。お気軽にご相談ください。

当ブログをお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

  1. 【ロイヤルリムジン】タクシー会社を解雇された600名が失業保険(…
  2. 人事・労務担当者が知っておきたい2020年4月からの労働社会保険…
  3. 2020年4月から65歳以上も雇用保険料が徴収されます
  4. 初めて従業員を雇ったら最低限する手続
  5. 【最新】社会保険料・労働保険料の納付猶予・新型コロナウイルス特例…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 6月 08日

記事投稿カレンダー

2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

事務所移転披露口上!

【派遣会社向けアンケート結果】2020.4派遣法改正 派遣先均等・均衡方式&労使協定方式 それぞれの導入割合は?

派遣法改正 労使協定方式導入に向けた賃金比較の方法(賃金比較ツール)

2020.4労働者派遣法改正 派遣会社は派遣先均等・均衡方式と労使協定方式どちらを選ぶべき?

PAGE TOP