ブログ

働き方改革の概要と狙い

みなさまこんにちは!神戸三宮社会保険労務士事務所です。

弊所ブログ2回目のテーマは働き方改革の概要と目的です。

今回の記事では、

  1. 働き方改革ってそもそも何?
  2. 8つの大きな改正点とスケジュール
  3. 背景と狙い

の3点に触れたいと思います(個々の改正点については次回以降で解説)。

 

◆働き方改革ってそもそも何?

 

働き方改革は、労働基準法をはじめ複数の労働法を改正するものです。

広義には、個別企業が行う自主的な労働環境改善への取組も含まれますが、以下、当ブログでは労働法の改正についてのみ触れることとします。

 

 

8つの大きな改正点とスケジュール

 

その改正点を大きくまとめると以下の8つです。

  1. 残業時間の上限規制
  2. 有給休暇5日取得義務化
  3. 60H/月超割増賃金の中小企業向け猶予廃止
  4. 同一労働同一賃金
  5. フレックスタイムの清算期間上限延長
  6. 勤務間インターバル制度
  7. 高度プロフェッショナル制度創設
  8. 産業医の機能強化

それぞれの改正スケジュールは下図のとおりです。

Book2-001 (1)

出所:筆者作成

 

 

◆背景と狙い

 

これらの改正に至った背景として、少子高齢化による経済力(生産力と国内消費)低下への懸念が挙げられます。

下の資料では、我が国の生産年齢(15~64歳)人口が少子高齢化により1990年代後半から将来にわたり減少傾向で推移する見通しであること、また今後予想される減少率が世界トップレベルであることを示しています。

資料:内閣府

そこで、

  • 仕事と家庭の両立を促し、多様な人材の労働参画を推進
  • 長時間労働の是正等により国民一人ひとりの労働生産性を向上

を政策面から推進することで、経済力低下を少しでも食い止めたいという狙いがあるのです。

 

 

次回より「8つの大きな改正点」の内容を順にご説明します。

まず次回は、残業時間の上限規制について解説します。

当ブログをお読みいただきありがとうございました。

 

 

神戸三宮社会保険労務士事務所

社会保険労務士 石川 琢磨 (兵庫県社会保険労務士会所属)

kobesr6

※画像をクリックすると弊所ホームページへ移動します

労務コンサルティング・労使トラブル解決支援・就業規則・労働社会保険手続・労災特別加入(中小事業主・一人親方)・給与計算・各種講演・助成金

お問い合わせは弊所ホームページよりお願いいたします

関連記事

  1. 働き方改革の法改正ポイント②有給休暇取得義務化
  2. 人事・労務担当者が知っておきたい2020年4月からの労働社会保険…
  3. 働き方改革の法改正ポイント⑤フレックス清算期間上限延長
  4. 働き方改革の法改正ポイント④同一労働同一賃金
  5. 働き方改革の法改正ポイント⑦高度プロフェッショナル制度
  6. 働き方改革の法改正ポイント①残業時間の上限規制
  7. 働き方改革⑥勤務間インターバル制度
  8. 働き方改革の法改正ポイント⑧産業医の機能強化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事投稿カレンダー

2018年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【派遣会社向けアンケート結果】2020.4派遣法改正 派遣先均等・均衡方式&労使協定方式 それぞれの導入割合は?

派遣は儲かるビジネス?

派遣法改正 労使協定方式導入に向けた賃金比較の方法(賃金比較ツール)

2020.4労働者派遣法改正 派遣会社は派遣先均等・均衡方式と労使協定方式どちらを選ぶべき?

PAGE TOP